悪魔のような天使!?注目の美少女 あの ちゃんって?

『Zipper』のモデル、アイドルユニット『ゆるめるモ!』のメンバー、そしてバンド活動など、大活躍中の あの ちゃん。危うい可愛さと、透き通った甘い声でファンたちをメロメロにしています。そんな、現在沸騰中の彼女について調べてみました!

おさえておきたい!あのちゃんキホン情報

あのちゃんの一人称は「ぼく」。いま、アイドル好きのみならず、いろいろなクラスタの人たちの絶大な支持を受けています。最近、SNSのプロフィールアイコンにあのちゃんの写真を使う人をよく見かけませんか?
また、あのちゃんの髪型を真似た『あのちゃんカット』が流行っているようで、ご本人も喜んでいるとか!

出典:Twitter

これが『あのちゃんカット』。顔にかかる両サイドの髪を頬あたりで切りそろえたスタイルが特長!

出典:Instagram

出典:Instagram

ゆるめるモ!のライブでも全力でパフォーマンスしているあのちゃん。
Twitterで〝橋本環奈さんの対になる存在〟と話題となった写真がこちら↓

出典:Instagram

最高にロックですね!!

『ゆるめるモ!』って何ぞや??

あのちゃんが活動中の6人組アイドルユニット『ゆるめるモ!』は、各メンバーに担当色があります。
紫色はけちょんさん、赤のしふぉんさん、白がようなぴさん、そしてあのちゃんは水色担当!
メンバーの入れ替わりを繰り返し、現在は4人で活動中なんです♪(2017年11月現在)

出典:Twitter

『ゆるめるモ!』というユニット名には〝You’ll melt more!(あなたをもっとトロけさせたい)〟というメッセージと、窮屈な世界を〝ゆるめたい〟という意味がこめられているそうです。

出典:Twitter

ゆるめるモ!オフシャルHP「ゆるネット」 >

ゆるめるモ!初主演の映画「女の子よ死体と踊れ」(2015年10月)では、なんと【ヤバい秘密をもつ〝死体〟】を演じました!

映画『女の子よ死体と踊れ』 >

「女の子よ死体と踊れ」にはゆるめるモ!の楽曲『人間は少し不真面目』が使われています。とても素敵なMVになっていますよ♪

ゆるめるモ!YouTube Official Channel ゆるTube >

2017年10月4日には、5周年記念シングル「TALKING HITS EP」が発売!


4人体制になった「ゆるめるモ!」も応援しちゃいましょう♪

あのアーティストのPVにも出ちゃいました!☆
『ゆるめるモ!』のメンバーとしてファンから絶大な支持を集めるあのちゃんですが、ほかのアーティストのPVにも出演していました♪こちらです☆
■PAGE『ノンフィクション・ガールは窓の向こう』

あのちゃんとデートしているような気分にさせてくれますが、この届きそうで届かない絶妙な距離感!!!恋をした時の歯がゆい気持ちにもさせてくれます…もしやあのちゃんって、魔性の女なのでしょうか!?(笑)

お次はこちら☆
■撃鉄『ろっぽんぎ』

ぴょんぴょん跳ねたりゆらゆら揺れたり…ちょっぴり不思議なダンスも踊るあのちゃんに注目☆
あのちゃんの雰囲気がマッチした、サブカル感たっぷりの作品となってます♡

ラストはこちら☆
■グッバイフジヤマ ミニアルバム『スイートセブンティーン』より『はっぴいえんど』

制服姿で海辺を歩く、青春そのものですね!あのちゃんの物憂げな表情や、醸し出す透明感…守ってあげたくなる女の子って、あのちゃんみたいな子のことなんでしょうね♡

実は、このミニアルバムのジャケット写真もあのちゃんが担当しています!!!
みなさん、可愛すぎて驚かないでくださいよ…
じゃん!☆

出典:Twitter

もう可愛すぎて、アルバム買いに行くしかないですよね〜あのちゃんの、二次元から飛び出してきたような可愛さにやられてしまいますよね♡
次はどんなPVに出演してくれるのか…待ちきれません!♪

♡これがあのちゃん流メイク♡

大人気なあのちゃんですが、気になるのはやっぱり”メイク”!一体どんなメイクをされているのでしょう…!??

aNo2massさん(@a_n_o2mass)がシェアした投稿

見る限りナチュラルメイクなあのちゃんですが、涙袋に赤みのあるアイシャドウをのせたり、リップの色味を変えてメイクを楽しんでいるようです♪
それでは、いくつかご紹介します☆

♡赤みのあるアイシャドウを涙袋にON♡
赤みのあるアイシャドウをのせることで、白目がキレイに見えますよ☆

出典:Instagram

出典:Instagram

出典:Instagram

aNo2massさん(@a_n_o2mass)がシェアした投稿


美しい、、、

♡ピンク系リップ♡
可愛らしい、ふんわりとした印象になれますね♥

出典:Instagram

出典:Instagram

出典:Instagram

ピュアな印象を狙うなら、絶対ピンクのリップ!

出典:Instagram

出典:Instagram

♡赤系リップ♡
黒髪ボブと相性抜群な赤リップ☆

出典:Instagram

出典:Instagram

出典:Instagram

古着との相性も◎

出典:Instagram

和装には絶対赤リップがおすすめです!☆

出典:Instagram

あのちゃん流メイクは”基本はナチュラルに、涙袋にのせるアイシャドウやリップを楽しむ”が基本となりそうです♪それにしても、真っ白なお肌がとってもキレイで魅力的なあのちゃん!
ぜひ、お手入れ方法も教えてほしいですよね♡

有名なイラストレーター岸田メルさんも絶賛!!

『ロロナのアトリエ』、『神様のメモ帳』、『花咲くいろは』などの作品のキャラクターデザインで有名な岸田メルさん。繊細なイラストを描くのでよく女性に間違われるだとか…そんな岸田メルさんも、あのちゃんに注目しています。

岸田メルさんとの2ショットもありました!

出典:Twitter

ラジオで共演!!??
他にもあのちゃん、岸田メルさんとラジオ出演も果たしました☆
毎週土曜深夜 東海ラジオ放送「オカザえもんと岸田メル!」こちらが収録の様子です♪

出典:Twitter

「ゆるめるモ!」の3人がゲスト出演し、2014年8月2日に放送されました♡番組の様子はこちら☆
あのちゃんと岸田メルさん、そしてオカザえもんとのゆるい掛け合いにご注目ください(笑)

早口言葉のシーンは、思わずクスリと笑ってしまいました♡
あのちゃん、ちょっぴり天然(!?)なところもまた可愛いですよね♪

ギターを弾く姿がかっこいい☆

あのさんはバンド活動もしており、ギター、キーボード、ヴォーカルを担当。9月7日のあのさんの誕生日に開催された「ゆるめるモ!あの生誕~ANOtherWORLD~」では、バンドのメンバーを率いて、ギターとヴォーカルを披露しました。

出典:Twitter

ギターもあのちゃん担当カラー・水色♪

出典:Twitter

あのちゃんのバンドは、ギターの三島想平さん(TVアニメ『進撃の巨人』後期EDテーマ「great escape」を担当したcinema staffのメンバー!!!)、ドラムのハシダカズマさん、ベースの本田琢也さん、そしてゆるめるモ!のプロデューサーである田家大知さんもギターとして参加する豪華な5人構成でした。

出典:Twitter

出典:Twitter

ファンを魅了するライブの様子はこちら!!!
あのちゃんのギター姿、かっこいいですよね♡そして気になるのが、やっぱりライブの様子☆
Instagramでは、いくつか会場内での様子がアップされてましたので、ご紹介します♪

ファンに囲まれ、歌いあげるあのちゃん…


出典:Instagram

ちょっとー!いきなりかっこよすぎます、あのちゃん!!!!!♡

気になるパンダの三輪車…(!?)会場の盛り上がりは、画面越しからも伝わってきます♡
どうやらこちらの三輪車、”あの号”というらしいです♥


出典:Instagram

観客を楽しませ、ファンサービスを忘れないあのちゃん…

これは一度、ライブに足を運ぶしかありませんね!!!


出典:Instagram

ギターをかき鳴らす、最高にかっこいいあのちゃんでした♡

あのちゃんがよく身につける♥チョーカーに注目!

チョーカーは寂しい首もとに華を添えてくれるアイテム!
つけるときは、髪の毛を結ったり、首もとが見える状態にすると素敵です◎
襟のある服よりも、Tシャツのときにつけるとよりオシャレですねー

あのちゃんの自撮り写真を見るとよくチョーカーをつけています。その写真を集めてみました!
優しいピンク色のベルトチョーカーが首元を可愛らしくしてくれます。

出典:Twitter

水色のチョーカーも発見!ボーイッシュなコーデと相性良さそうです◎


出典:Instagram

伸縮性のあるタトゥーチョーカーに十字架のチャーム。
余談ですが、タトゥーチョーカーをつけている男性も増えてきました。また首につけるのではなく手首につけている方もいます。

出典:Twitter

黒で統一された服装に似合う黒いリボンのチョーカーが上品に見せてくれます。

出典:Twitter

いかがでしたか?
おしゃれで多才、独特の世界を体現しているあのちゃんは、いまさまざまな人たちから注目されているアーティストです。
これからの活躍が楽しみですね。

2017/11/9 一部加筆・修正 by.haru

Related この記事に関するインフルエンサー

Writer この記事を書いた人

tomoko

わくわく、たのしいことさがしてます:)♡

輝くあの人を応援するメディア