misaちゃん&関根理沙ちゃんも愛用中”眉ティント”ってどうなの?

落ちないナチュラル眉がつくれることでいま人気爆発中の“眉ティント”。韓国発のコスメグッズで、眉毛が“落ちない”“消えない”ことが最大の魅力!
おしゃれに敏感なインフルエンサーの方々のなかにも眉ティントを愛用されている方がいたので、使用感をご紹介!

眉ティントってなんぞ?


眉ティント・眉毛ティントとは、成分を肌に染み込ませることで、汗や水分に強く数日間は“落ちない”ナチュラル眉を実現させることができるコスメグッズ。
美容大国・韓国で流行し、日本にやってきたアイテムなのだとか。

●misaちゃんもfujikoを愛用中♪
インフルエンサーのmisaちゃんもfujiko(フジコ)の眉ティント(¥1,280+税)を愛用されているみたいです。

🌸 . . 質問多いので。。昨日の眉ティントは #フジコ の #モカブラウン って やつだよ (❁´ω`❁)♡♡ (逆に持ってるけど。。(笑)) 中が筆みたいになってて、 なりたい形に塗って乾かして 後はぺりぺりってはがすだけ💗 . 5~10分で乾くけど寝る前に塗って 乾いてから寝て、朝起きた時にはがすと 効果は長持ちするよ🌸🌸 変な匂いもしないしむしろめっちゃいい匂い😻 . モカブラウンは髪が明るい人向けかな😌 みさ最近暗めやからもう1個の暗い方 今度買ってみよう💫💫 . ちなみにこの眉毛も上からパウダーを 少ししただけやから朝めっちゃ メイクが楽になるよ時短🐰💜 . みんなもかってみてね~👯🌸 .

🐰 misaさん(@misanzel1)が投稿した写真 –


misaちゃんが使用しているのはモカブラウン。
モカブラウンはちょっと赤味がある茶色、そのほかにショコラブラウンもあるようです。
misaさんは「ドン・キホーテで買った」ということなので、fujikoは実店舗でも手に入るお求めやすさも◎。


描いていないみたいにナチュラルな眉になっていますよね。
しかも、これで3日間は落ちない(落ちにくい)なんて、忙しい朝には嬉しい時短アイテム!

ウォータープルーフのアイブロウで描いても、プールや海に入ったらマユナシに!!顔怖いよ!!
なんてこともなくなるかも!

購入はfujikoのページからどうぞ!
fujiko >

ETUDE HOUSEも大人気!

出典:Twitter

ほかにもメジャーなのが、韓国コスメブランド・ETUDE HOUSEの眉ティント。
日本未発売ではあるものの話題になっている商品です。
日本には上陸していない……とはいえ、各種通販サイトでは購入もできるのでETUDE HOUSEのものがいい! という方は探してみてくださいね♪

ETUDE HOUSEは日本にも店舗があるので、韓国の人気コスメを探しに行くと楽しいかも!
ETUDE HOUSE >

ちなみに!
ビューティー系YouTuberの関根理沙さんが、眉ティントの解説動画で使用しているのは、ETUDE HOUSEのものですね。

出典:SekineRisa

ETUDE HOUSEのものは、ブラウン、ライトブラウン、グレーブラウンの3色展開です。

眉ティントの使用感ってどうなの?

眉ティントの使い方はめちゃ簡単!
眉毛を描く容量で、眉に塗る→数時間放置 で剥がせば完成のようです。
商品にもよりますが、3日間〜7日間ほど持続するのだとか!

とはいえ……、
顔の印象は眉で決まると言っても過言ではないパーツなので、
描きやすさ&仕上がりはどうなの? というのが気になるところですよね。
詳しい使用方法をビューティー系YouTuberの関根理沙さんも動画で解説しているのでぜひ参考にしてみてくださいね♪


理沙さんは、2時間放置されていますが、寝る前に塗ってそのまま就寝というのもありなのだとか!

●before

出典:SekineRisa

塗った直後のゴルゴ13感。
意外と粘りのある液体のようで塗るのがなかなか難しそうな印象でした。
数日間持続するゆえに失敗すると大惨事です。動画内で理沙さんがされているように、綿棒を使って整えていくのが良さそう!

●after

出典:SekineRisa

beforeからは想像もできないほどナチュラルな眉が!!
眉ティントもペリペリと剥がれていくのが不思議な感じでした。

汗や皮脂でただでさえ眉毛が消えやすいこのシーズン、ぜひ一度試してほしいアイテムです!

眉ケアならこちらの動画もおすすめ

●眉脱色

●眉の整え方

関根理沙さんYouTubeチャンネルへ >

アイキャッチ出典:Instagram

Related この記事に関するインフルエンサー

Writer この記事を書いた人

イト・ヨシコ

STROBO編集長ほかいろいろと!/水族館と高いところだいすきです/ゲームとTVがないと生きていかれない/定期的に旅にでます

輝くあの人を応援するメディア