今フォローすべき注目のインフルエンサー・まつゆう*の正体に迫る!

世界からも注目される超人気ブロガー・まつゆう*さんをご存知でしょうか?さまざまなメディアでマルチな活躍を魅せている彼女。その注目度は「フォローすべき10人の日本人インフルエンサー」や「世界の女子ブロガー11人」のなかに選ばれるほど!今回は、そんな自身のかわいいカルチャーを日々配信しつづけるまつゆう*さんをご紹介していきます!

まつゆう*とは?

「東京生まれ、渋谷育ち」というまつゆうさんは、1993年よりモデルとして活動を開始しました!

そんな彼女はブロガーのさきがけとも言われています。1998年には自らがリーダーをつとめるアートユニットのウェブサイト「chelucy」をスタート。現代主流となっているマガジンスタイルのウェブサイトにて、ファッションやビューティなど、独自のかわいいカルチャーを発信してきました。インターネットの誕生から現代にいたるまで最先端のブロガーとして活躍しています!

その実力は彼女の受賞履歴をみれば一目瞭然!!

2008年米Wired.com「日本のセレブブロガー。
2012年『イヴ・サンローラン・ボーテ』にて「世界の女子ブロガー11人」に唯一のアジア人として選出。
2015年仏campaygn.comでは『フォローすべき10人の日本人インフルエンサー』。
2016年『ファッション・ビューティにフォーカスしたクリエイティブなアジア人ブロガー10人』。

世界的にも注目されているブロガーなんです!

現在は、SNSや雑誌、WEB、TV、MCなど、多数のメディアで「media icon(メディア・アイコン)」として幅広く活動中!そんな彼女の最近の活躍をチェックしていきましょう♪

ファッションやフォトなどに精通するマルチクリエイター♪

あらゆる情報をウェブで発信し続け、マルチな活躍を魅せるまつゆうさん。最近ではなんと「伊勢志摩サミット」のフォトコンテストの審査員を務めました!

モデルになった男の子と記念撮影!


2012年に出版したLINE初の公式ガイドブックの改訂版が2016年3月に発売!


『WEAR』とフリマアプリ『ZOZOフリマ』のタイアップ企画に参加♪


abemaTV『AbemaPrime』にコメンテーターとして出演!文化人としても注目されているんです♪

【本日発売】 「お財布ポシェット」 これひとつだけで、おでかけ出来る。ポシェットのカタチをしたお財布。 ・ プロジェクトスタートから、1年4ヶ月強! やっと世に出せました?私がパーティ、クラブ、フェス、普段使い、旅行に使いたくて作っちゃったまつゆう*プロデュースによるアイテム。 ・ ショルダー、ミニボストン、バッグ in バッグの3way!ポシェットの形をした"お財布"?? ・ ・ICカードを取り出さずにタッチ?? ・お札、小銭、レシート、名刺が入る専用ポケット付き?? ・スマホ、予備バッテリー、コスメ…etcが入るフリースペース?? ・布製キーホルダー付きで鍵が迷子にならない?? ・日本の職人さんの手作り。MADE IN JAPAN ・ こんなバッグです!詳細はProfileのリンクから商品ページへ飛んでください:) ・ #お財布ポシェット #スーパーコンシューマー #ミニボストン #ポシェット #iPhone6plusも入る #シンプル #まつゆうPR

matsu-you* まつゆう* 松佑さん(@matsuyou)が投稿した写真 – 2016 4月 5 9:45午後 PDT

約1年4ヶ月を経て誕生したまつゆうさんこだわりのお財布ポシェットが 2016年4月に発売!上品で可愛らしいデザインですがなにやら収納能力がすごいらしい…??

私の「お財布ポシェット」の中身:) お札(1万円3枚、1000円10枚、お札は二つ折りして折り目側を上にすると楽)、小銭、クレジットカード、ICカード、免許証、名刺20枚、保険などの??類。iPhone6sケース付き、充電器、ライトニングケーブル、お守り4つ、Dior addict、プチポーチ、イヤホン、鍵。チャーム、Chloe。 ・ お財布機能がついたポシェット?!ポシェットにお財布がついてる?!どっちにしてもこのサイズのクセにしてはたくさん入る!ショルダーベルトを巻いて持ちながら、バッグの下の方を持つどっちにクラッチ風でエレガントに持てると思う。 ・ 【新発売】 「お財布ポシェット」 これひとつだけで、おでかけ出来る。ポシェットのカタチをしたお財布。 ・ プロジェクトスタートから、1年4ヶ月強。やっと世に出せました?私がパーティ、クラブ、フェス、普段使い、旅行に使いたくて作っちゃったまつゆう*プロデュースによるアイテム。 ・ ショルダー、ミニボストン、バッグ in バッグの3way!ポシェットの形をした"お財布" ・ ・ICカードを取り出さずにタッチ ・お札、小銭、レシート、名刺が入る専用ポケット付き ・スマホ、予備バッテリー、コスメ…etcが入るフリースペース ・布製キーホルダー付きで鍵が迷子にならない ・日本の職人さんの手作り。MADE IN JAPAN ・ こんなバッグです!詳細はProfileのリンクから商品ページへ飛んでください:) ・ #お財布ポシェット #スーパーコンシューマー #ミニボストン #ポシェット #iPhone6plusも入る #シンプル #パーティバッグ #フェス #旅行 #バッグインバッグ

matsu-you* まつゆう* 松佑さん(@matsuyou)が投稿した写真 – 2016 4月 6 3:56午後 PDT


なんとこんなに収納できるんです!これは使い勝手が良さそう…!!

流行感度が高い抜群のファッションセンス!

世界から注目されているブロガーとだけあって、まつゆうさんのファッションセンスはピカイチ☆ WEARのフォロワー数も2万人越えというファッショニスタとしての顔も持つ彼女のコーディネートをチェックしていきましょう。

I love Black coordinate:) ・ #black #ootd #y3 #adidasy3 #ブロガーズトート #実は私服は大体真っ黒

matsu-you* まつゆう* 松佑さん(@matsuyou)が投稿した写真 – 2015 11月 1 5:55午後 PST


ブラックコーデが多いという彼女。ブラックを着こなしていてかっこいいですね♪

Y-3 OMOTESANDO HILLS opening party:) shopping:) ・ Clothes : Y-3 Make : YSL TOUCHE ECLAT BLUR PRIMER ・ #y3 #omotesandohills #OMOTESANDO #yojiyamamoto

matsu-you* まつゆう* 松佑さん(@matsuyou)が投稿した写真 – 2016 3月 17 4:43午前 PDT


こちらもモードなブラックコーデ。かっこよすぎます!!


ネット通販サイト「fifth」をPR。マルチストライプがお似合いです◎


デニムのワンピース。素敵な一着ですね~!

シンプルながらもおしゃれな着こなし!マネしたいです!

まつゆうの『映画から学ぶカワイイのエッセンス』のコーナ~♪

まつゆう*が長年コレクションしてきた「クローゼットの中身」で作る映画ヒロインおしゃれコラージュ連載『まつゆう*の映画から学ぶカワイイのエッセンス』を以前ウェブマガジンでやっていました:) 今はアーカイブがないのでUP。 ・ 私にとって映画とは、おしゃれや可愛いものを見つける情報源。時には、Storyよりも服や小物、メイクのディテールを見すぎて内容を覚えていないことまで(笑)そして、ヒロインに影響されワードローブが一変することまであります。 ・ 全6映画、アップしていきますのでお楽しみに。すべてコラージュに使ったものは私物です。 ・ ちなみに気づきづらすぎるけど、写真は千原さんと奈良さんのJOEくんが作ってくれた「まつゆう*が"SEX AND THE CITY"のキャリーだったら("SNS AND THE CITY")」というテーマの写真。 ・ #まつゆうの映画から学ぶカワイイのエッセンス #映画 #映画ファッション #ヒロインファッション #コラージュ

matsu-you* まつゆう* 松佑さん(@matsuyou)が投稿した写真 – 2016 6月 18 8:18午後 PDT


まつゆうさんが長年コレクションしてきた“クローゼットの中身”で作る『まつゆう*の映画から学ぶカワイイのエッセンス』をご紹介します。以前ウェブマガジンで連載していたものをインスタに再UPしていました。映画とファッションをこよなく愛すまつゆうさんのコーディネートをご堪能ください!

Select1 「HICK ルリ13歳の旅」

映画「HICK ルリ13歳の旅」のヒロイン、ルリからイメージを膨らましてまつゆう*の私物のみを使ってのファッションコラージュ。 ・ クロエ・グレース・モレッツ、初の単独主演作品『HICK ルリ13歳の旅』の主人公"ルリ"からイメージを膨らましてコーディネート・コラージュ。 ・ 田舎育ちのルリだけど、ファッションはかなりこだわりを感じます。ルリのテーマカラーは『ブルー』。全体的に"ブルーベース"のファッションが多い。大人になっていく過程のロードムービーってこともあってか、背伸びしたキュート&セクシーなコーデがいっぱいです。例えば、"柔らかなベビーブルーのトップスにレインボーのフリルショーツ"を履いて部屋着にしたり、"ネイビーに赤い花柄のへそ出しトップスをデニムショーパン"に合わせ、その足元には"赤いフラットシューズ"を合わせる。ポイントにもなるし、背伸びしたセクシーさが逆にロリータ的キュートさを醸しだしてる。 ・ サングラスは、キャットアイ型。私のオススメは柔らかいブラウンカラー。肌色に近いので、派手な形でも顔に馴染むし、オールシーズン使えるすぐれもの。写真のサングラスはアンティーク。ルリの薄いキレイなブロンドヘアと相性がバッチリな"ベビーブルーのミニワンピ"。ルリも、劇中で"ベビーブルーの星柄ワンピ"を着てました。バッグは、もちろんフリンジ!足元はウェスタンブーツ。ライトグレーで重くなり過ぎないように。 ・ ルリといえば"☆マーク"。 胸元にキラリと光る小さなネックレスも、ワンピもよ〜くみると☆柄。今回は、ネックレスとバッグに☆をつけてみました。バッグの中には、可愛いスケッチブックとカラーペンを。今時iPhoneで写真を取ることのほうが多いけど、たまには絵を書いてみるのも楽しいし、可愛い文具を見てると気分が高まるよね。 ・ 映画のシーンの中で、セクシーな年上の女の子グレンダに教えてもらうメイクテクニック「口紅"2WAY"使い。唇に塗ってリップ。そし頬に塗ってチーク。」マットめのコーラルピンクなんかがリップとチークのダブル使いには使いやすいカラー♡ ・ #まつゆうの映画から学ぶカワイイのエッセンス #HICKルリ13歳の旅 #クロエグレースモレッツ #ウェスタン #映画 #映画ファッション #ヒロインファッション #コラージュ

matsu-you* まつゆう* 松佑さん(@matsuyou)が投稿した写真 – 2016 6月 19 5:41午後 PDT

Select2 「ムーンライズ・キングダム」

映画「ムーンライズ・キングダム」のヒロイン、スージーからイメージを膨らましてまつゆう*の私物のみを使ってのファッションコラージュ。 ・ 主人公の"スージー"からイメージを膨らましてコーディネート・コラージュ。 ・ 舞台は、1965年。12歳のおませなカップル、サム&スージーによる愛の逃避行を軸にたくさんの個性派俳優たちが織りなす群像劇。ウェス・アンダーソン監督独特の世界観の中でレトロ"ターキー"ファッションを身にまとったヒロインのスージー。とてもとても、12歳とは思えない大人っぽさと、その中に秘める少女性の同居。生意気なロリータヒロイン好きにはたまらない?60年代のおませな女の子って独特なのはアイメイク。しっかり囲んだブルーのシャドウに黒いキャットライン。くちびるは、ジューシーでほんのり甘いコーラルピンク。そして、襟付きのワンピにハイソックス。どんなに大人ぶっても、このハイソックスがガーリーでダサ可愛いんだな。 ・ スージーのトレードマークと言っても過言でない、ピンクのつけ襟のワンピ。こういう60'sレトロで、リセエンヌな服は永遠。ノーカラーワンピは持ってるけど…。って人には、便利なつけ襟で"即席スージー・スタイル"もオススメ。そして、大荷物なスージーのバスケットとトランクをイメージして60年代のヴィンテージを。たくさん持つとスージーっぽい。大変だけど(笑)そして、フラットシューズ。お値段も様々いろんなブランドから、いっぱい出てるから1つ持っていて損はなし。コーディネートもしやすいね。最後は、携帯レコードプレイヤー。劇中登場するものはブルーの四角いものだったけど、私のコレクションは、てんとう虫型。たまには、アナログにレコードを聞くのもいいものですよ。 ・ みなさんも、ぜひ、スージーの"カワイイエッセンス"を参考にしてみてね? ・ #まつゆうの映画から学ぶカワイイのエッセンス #ムーンライズキングダム #ウェスアンダーソン #映画 #映画ファッション #ヒロインファッション #コラージュ

matsu-you* まつゆう* 松佑さん(@matsuyou)が投稿した写真 – 2016 6月 20 3:24午前 PDT

Select3 「マリー・アントワネット」

映画「マリー・アントワネット」のイメージを膨らましてまつゆう*の私物のみを使ってのコーディネート・コラージュ。 ・ フランス王妃で、ヴェルサイユのファッションリーダーこと、"マリー・アントワネット"をソフィア・コッポラ監督×キルステン・ダンスト主演でスタイリッシュに映画化したキュートな作品。 ・ 私はこの映画を見ていて「まるで現代の若者と一緒だ!」と思いました。王妃だけど、王妃である前に一人の女の子なんだ。恋もするし、遊びたいし、重いプレッシャーから解き放たれたくもなる!買い物や、甘いもの食べ過ぎに走っちゃったのも現代の女子と同じ。規模が国家レベルで、あまりにも大きかったし、国民にが困ってたことに気づかなかったっていうのが問題だったんだけども…。 ・ 全編を通してソフィアお得意のペールトーンで可愛くマカロンみたいなカラーが乙女心をくすぐります。ドレスも淡いブルーグレーや、ベビーピンク、生成りっぽいホワイトなどアンティーク風で真似したいものばかり!だけど、引きずるようなドレスにコルセットなんて無理無理。今回は初めての"時代モノ"に挑戦ということで、現代でも真似できる(?)マリーを参考にカワイイのエッセンスを盗んでいきたいと思います? ・ 盛り髪の元祖はマリー!と、言わんばかりにヘアスタイルは盛ってます。さらにそこへ、羽をつけたりリボンをつけたり、物語の後半になっていくとヘッドドレスも凄いことに!メイクは、とにかく透けるような白い肌をマットに。頬をふんわり染めるチークは、ピンクを。このチーク、私の持っている写真集の資料を見るところによると?型に入ってるシーンがあるみたいなんです。どこのシーンだろう?! ・ デコラティブな盛り過ぎヘッドドレスは、羽にケーキにティーカップにメリーゴーランド!マリーをイメージして手作りしてもらったものです。昔、衣装で使ったのを大事にとってあります。それに合わせてブルーグレーのパフスリーブドレス。ミニドレスで、上手いこと組み合わせれば普通に着れちゃう。映画公開当時(2007年)、こういうSweet系ドレスが流行してたんです。扇子もマリーのてっぱんアイテム。外せません!これだけ取り入れるのも簡単でいいかも。ロマンチックなかごバッグは、パールもついてお上品。なんとなくマリーが持っていそうなイメージ。こちらも手作り一点物。その下の生成りホワイトのミニワンピは、某ブランドのコレクションアイテムで広告にも使われていたアイコン的ワンピ。私の宝物です?そして、やっぱりマリーといえば、靴!靴!靴!デコラティブでカワイイ靴を沢山ならべるのは女子の夢だよね。 ・ みなさんも、ぜひ、マリーの"カワイイエッセンス"を参考にしてみてね? ・ #まつゆうの映画から学ぶカワイイのエッセンス #マリーアントワネット #ソフィアコッポラ #映画 #映画ファッション #ヒロインファッション #コラージュ

matsu-you* まつゆう* 松佑さん(@matsuyou)が投稿した写真 – 2016 6月 20 10:35午後 PDT

Select4 「ルビー・スパークス」

映画「ルビー・スパークス」のヒロイン、"ルビー"からイメージを膨らましてまつゆう*の私物の間を使ってのファッション・コラージュ。 ・ 「小説に書いた理想の女の子が目の前に現れたら?」というなんとも女の子が大好物な感じの可愛いお話を、レトロな"ダサカワ"ファッションと軽快な音楽とともにお届けするラブファンタジー:) ・ 主演のポール・ダノとゾーイ・カザンは、プライベートでも恋人同士。この物語は、二人が暮らすアパートでゾーイの手によって生み出されました?監督は『リトル・ミス・サンシャイン』のジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス夫妻。この映画、2組のカップルの手によって作られているのです。近年の"可愛い映画"の名作『(500)日のサマー』が好きな人は「似てる系?」と、気になっているんじゃないかと思いますが、それもそのはず同じ「フォックス・サーチライト」という会社が世に送り出した作品なのです。ということで、今回はキュートで可愛い女の子、ルビー・スパークスを参考にカワイイのエッセンスを盗んでいきたいと思います? ・ トレードマークは、レッドブラウン系の髪色。ちょっとダークめな色って"レトロ可愛さ"を引き出してくれるから不思議。髪をおろしたり、ポニーテールしたり、ささっとお団子にまとめたりと無造作なアレンジが多く、それにあわせたナチュラルメイク。たまに真っ赤なリップ。本人が「情緒不安定」と、いうだけあって喜怒哀楽もはげしく表情豊か。男子からしてみれば不安定なガールフレンドは大変かもしれないけど女の子らしくってとってもキュート。 ・ 全体的に、トリコロール、イエロー、パープルなどヴィヴィッドな色合いの衣装が数多く登場。この作品は比較的、真似しやすくて"行き過ぎないレトロファッション"が見られた気がします。1つ目は『トリコロール+フルーツ柄のレトロMiX』コーデ。中に着たフルーツモチーフがいい味。そして、イメージ画像にも使われてる写真に登場している『赤とブルーのもこもこの大判ストール』。3つ目は、劇中何度か登場していた『真っ赤な刺繍ワンピ』!これに無造作お団子ヘアは私的に1番好きなスタイルだったな?パーティスタイルは、『古着風のノースリーブワンピ』。ルビースタイルを今すぐ取り入れたい人は、まずは『ヴィヴィッドなカラータイツ』を。特に50デニールくらいの少しのスケ感があるものがルビーっぽくなると思うし、足にも陰影がついて細く見える効果が!そしてルビーの定番は『赤と白のボーダー』。なにげに何度か登場しているからチェックしてみて。こう見るとルビーって着回し上手だね。 ・ みなさんも、ぜひ、ルビーの"カワイイエッセンス"を参考にしてみてね? ・ #まつゆうの映画から学ぶカワイイのエッセンス #ルビースパークス #映画 #映画ファッション #ヒロインファッション #コラージュ

matsu-you* まつゆう* 松佑さん(@matsuyou)が投稿した写真 – 2016 6月 21 5:44午後 PDT

Select5 「あの頃ペニー・レインと」

映画「あの頃ペニー・レインと」のヒロインペニーのイメージを膨らましてまつゆう*の私物のみを使ってのファッションコラージュ。 ・ 甘酸っぱい青春ラブストーリーから、好きな映画の1つとしてよくあげられる映画『あの頃ペニー・レインと』の主人公、ペニー・レインを参考に1970年代のヒッピーファッションのカワイイのエッセンスを盗んでいきたいと思います? ・ この作品の主人公は、15歳のウィリアムという男の子。音楽雑誌「ローリング・ストーン」の記者として、人気急上昇中のバンド「スティルウォーター」に取材として同行した際、出会ったのが他の女の子とは全く違った強い魅力を放つ女の子がペニー・レイン。彼女は、いつもトレードマークのファーのコートを着ていて、名前も私生活も全部秘密。ウィリアムはどんどん彼女に惹かれていく。ここでも判る通り、ちょっぴり謎を持った女の子って魅力的にみえたりするんじゃないかな?そして、自分だけのトレードマークを持っているのも個性として強い気がする。「あ!ファーの女の子。」みたいに。 ・ ヘアメイクは?というと、ペニーはふわふわのカーリーヘア。このヘアスタイルも彼女のトレードマーク。メイクはノーメイクだけど、いつもスマイルで表情が豊かなのはどんなメイク術にもまさると思う!そしてちょっとのそばかすはコンプレックスではなくて、チャームポイントに変えちゃえばいい!そんなキュートさをペニーから教わった気がする。 ・ ファーコートは、まつゆう*的にページュカラーをセレクト。そして、チロリアンっぽいデザイン。ファーはペニーと同じく首元、手元、裾にもこもこついていて着ると暖かいけどスタイルよく見える。元々、ヒッピーファッションが好きなんだけどペニー意識してこれは買いました(笑)なので、もう12年くらい前に買った奴。インナーはコットンのキャミソール。デニムは、絶対バギー。ちょっとむっちり感が出るからペニーっぽくていいと思う。靴はUSED風のショートブーツ。これだけで、なりきりペニースタイルの完成! ・ 70'sのサングラスは大きくて派手なものを!ペニーだとブルーのイメージ。写真の下2つは70'sヴィンテージ。そして、これは映画全体からのインスパイアだけど花柄のギター型バッグ。まさにLOVE&PEACE?最後にこの映画で欠かせない小物。ウィリアムが愛用していたポラロイドの名機SX-70。アーティストにもファンが多く、一度フィルムが販売終了となったんだけど最近復活!撮るだけにアートになる凄いカメラです。 ・ みなさんも、ぜひ、ペニーの"カワイイエッセンス"を参考にしてみてね? ・ #まつゆうの映画から学ぶカワイイのエッセンス #あの頃ペニーレインと #映画 #映画ファッション #ヒロインファッション #コラージュ

matsu-you* まつゆう* 松佑さん(@matsuyou)が投稿した写真 – 2016 6月 22 4:44午前 PDT

Select6 「(500)日のサマー」

映画「(500)日のサマー」のヒロイン、サマーからイメージを膨らましてまつゆう*の私物のみを使ってのファッションコラージュ。最終回! ・ この連載で1番書きたかった映画がこれ!「(500)日のサマー」。コラージュも気合入ってます。試写で鑑賞、映画館に何度も行き、Blu-rayでも何度も何度も鑑賞。毎日のようにサントラを聞いている大好きな作品。主人公は「運命の恋を信じる」男の子・トムと、「恋愛は絵空事よ。」と言い切る女の子・サマーによる500日を時系列をバラバラに行ったりきたりしながら見せていくビタースィートな物語。 ・ 映画の冒頭に出てくるナレーション「これはボーイ・ミーツ・ガールの物語。~これは、男女が出会う物語だがー、前もって断っておくが恋物語ではない。」と、言い切っている。たしかに男女は、結婚をゴールと仮定するならば、それまでの恋愛はすべてビタースィートな物語ということになる。 ・ 草食系文化男子・トムのファッションもとても可愛くて、細身のネクタイにニットベスト、ヘッドフォンなどなど…、私のパートナーには是非こういう格好をして欲しいってものばかり♡そして、レトロな映画から飛び出てきたような個性的なファッションを身にまとったエキセントリックなヒロイン・サマー。 ・ トレードマークは黒髪。重めのパッツンラウンド型の前髪にサイドも少し残し気味なボリューミーなセミロング。ブローもあまりしないラフな感じで、高すぎない位置でのポニーテールや、そのままのダウンスタイルも。メイクは、マスカラとチークくらいのナチュラル系。 ・ そして、サマーといえば、ブルー! ここまで徹底して、ブルーを全編に使っているのもこだわりを感じます。監督は「サマー役のズーイー・デシャネルの瞳の色がキレイなブルーだったから、ブルーにこだわった」というエピソードをどこかで読みましたが、とにかく衣装も小物もインテリアも『ブルー、ブルー、ブルー♡』注意してみると、映画の中に出てくるダンスシーンの街の人たちまでブルー系の衣装で統一されているのには圧巻。私、この映画を見るまでブルーの服ってそこまで持っていなかったんだけど、完全に影響されてしまってその後、クローゼットにある服がほとんどブルー系になっちゃったの(笑)大人になったってのもあるけどね。 ・ 濃い目のブルーのリボンはヘアバンド、ポニーテールに。このリボンは、生地屋さんなどで200円しないで手に入ります。冬はベロアにしても可愛い!オフィスでは、黒シャツ、白ベスト、グレーのおじさんパンツ。古着っぽいワンピにトレンチを羽織ったり、アーガイルのニットと白シャツでスクールガール風も。結婚式には、薄いブルーのドレスで清楚に。パーティには、ホルターネックのワンピ、ヘアは60's風のふんわりアップスタイル。全体的にブルーに、合わせてグレーやホワイト、ブラックを差し色にし、レトロ調、古着をMixしていくとサマーファッションに近づけるはず。そして、よ~くみると胸元やヘアに青い蝶をつけてる。どこでつけているか探してみて。 ・ みなさんも、ぜひ、サマーの"カワイイエッセンス"を参考にしてみてね♡ あ〜、トムとサマーのコスプレしてデートしたい:) ・ #まつゆうの映画から学ぶカワイイのエッセンス #500日のサマー #500DaysofSummer #映画 #映画ファッション #ヒロインファッション #コラージュ

matsu-you* まつゆう* 松佑さん(@matsuyou)が投稿した写真 – 2016 6月 22 5:22午後 PDT

まつゆうさんの映画とファッションへ捧ぐ愛情がビシビシ伝わってきました!本当にどれも素敵なコーディネートでした!こんなに素敵なお洋服がクローゼットに入ってるなんでうらやましいかぎりです笑

豪華絢爛過ぎる共演者の面々…!

世界をまたにかけて活躍中のまつゆうさんの共演者は超豪華。その幅広い交友関係をすこしのぞいちゃいましょう!!

MIHARA YASUHIRO with IMALU chan:) #MBFWT #wwdjfw #miharayasuhiro

matsu-you* まつゆう* 松佑さん(@matsuyou)が投稿した写真 – 2015 10月 12 6:32午前 PDT


IMALUさんと♪

BEAMS WOMAN SHIBUYA reception party! プチセブンのOG仲間、れいちゃん! #beams #raybeams #beams_wowan_shibuya

matsu-you* まつゆう* 松佑さん(@matsuyou)が投稿した写真 – 2015 10月 22 4:41午前 PDT


高垣麗子さんとは雑誌『プチセブン』仲間みたいです♪

I came @mademoiselle_yulia debut exhibition! はじめてちゃんとご挨拶できた。映画好きなところがとても共感。 #GROWINGPAINS

matsu-you* まつゆう* 松佑さん(@matsuyou)が投稿した写真 – 2015 11月 6 2:24午前 PST


DJでデザイナーのマドモアゼル・ユリアさんと念願のご対面!

with Ariana Grande:) 懐かしい♡ ・ #ArianaGrand #Ariana

matsu-you* まつゆう* 松佑さん(@matsuyou)が投稿した写真 – 2016 2月 18 9:43午前 PST


世界の歌姫アリアナ・グランデさんと♪


SKE48の面々と。『伊勢志摩サミットフォトコンテスト』でお会いしたとのことです。

G7 JAPAN "Ise-Shimma summit" photo contest award ceremony. I did a judge of this contest. With Abe prime minister at office of the prime minister :) thank you! ・ 審査員をさせて頂いた伊勢志摩サミット「世界に届けたい日本」フォトコンテスト受賞式にて。分刻みスケジュールでお忙しい中、安倍首相とご挨拶できる瞬間がありましたので記念にお写真を撮っていただきました。伊勢志摩サミットの会場に今回入選された作品はパネルになり飾られます。各国のリーダーの方に是非日本の素敵なところ知っていただきたいです。この度は審査員という大役、素晴らしい経験をさせていただきありがとうございました:) ・ #伊勢志摩サミットフォトコンテスト #伊勢志摩サミット #安倍晋三 #primeminister #JAPAN #首相官邸 #梅屋

matsu-you* まつゆう* 松佑さん(@matsuyou)が投稿した写真 – 2016 3月 24 6:04午後 PDT


おなじく『伊勢志摩サミットフォトコンテスト』にて。なんとこの方との2ショットもありましたすごい…!!

まとめ

いかがでしたか?ブロガーの先駆けとして現在にいたるまで常に最先端を走り続けてきたまつゆう*さん。伊勢志摩サミットなど日本の一大イベントにも参加するなど、その活躍の注目度がうかがえましたね。また、ファッションや映画などのカルチャにー対する熱い思いも伝わったかと思います!これからもその独自のカワイイ文化をさまざまなメディアによって配信してくれることでしょう!これからもまつゆう*さんの活躍から目が離せません!!

アイキャッチ出典:Instagram

Related この記事に関するインフルエンサー

Writer この記事を書いた人

haru

趣味は映画鑑賞。好きな映画は「ロシュフォールの恋人たち」。

輝くあの人を応援するメディア