線が繰りなすキュートで魅惑的な世界【オートモアイ&ancco】

Twitterやヴィレッジバンガードで人気のクリエイターさんを紹介する、今回は第6弾!1本の線がキュートで魅惑的な世界を繰りなすアーティスト「オートモアイ」さんと「ancco」さんをご紹介します!今まで感じたことのない不思議な世界にあなたをお連れします♪

感情の無を描く?黒の線が美しいオートモアイさん


出典:Instagram

アンニュイな線で孤独な世界を描くオートモアイさん。
フライヤーやCDジャケットのアートワークで活躍している人気アーティストです♪

出典:Twitter

出典:Twitter

顔のない女の子のイラストが特徴。
どこかハッとさせられる感情の”無”をついてくるような作品を手がけているんです。

出典:Twitter

太い黒線一色で描かれた魅惑的な世界をたっぷりご覧いただきましょう♪

★目を引く白黒のアートワーク

出典:Twitter

出典:Twitter

白黒の手書き感が独特で目を引くデザイン。
シティーガールのイラストがかわいいです♪

バンドグッズのコラボも多いオートモアイさん。こちらは「car10」のグッズです。

バンド「エンジョイミュージッククラブ」による人気クリエイターTシャツ販売イベント「EMCのTシャツ祭り」にも参加!

女性ソロシンガー「カネコアヤノ」さんとはすべてのアートワークを担当しています。

出典:Twitter

出典:Twitter

出典:Twitter

出典:Twitter

このアンニュイさ、たまりません!すべて欲しくなってしまいます♪

出典:Twitter

出典:Twitter

ラスベガス発のスタイリッシュなiPhoneカバー「Gizmobies」とコラボしたiPhoneケースやシールも発売中♪
これは要チェックです!
オートモアイ/Gizmobies >

オートモアイさんの作品をもっと見たくなった方はこちらをご覧ください♪
オートモアイ/tumblr >

女子の心を刺激するラブリーな線画・anccoさん

出典:Twitter

キュートな女の子のイラストをラブリーな色味の線で描く「ancco」さん。
雑誌の挿絵や展示会でのかわいいグッズ展開で人気を得ています♪

出典:Twitter

出典:Instagram

重なり合った線が甘くて退屈な世界観を演出。
ずっと見ていられるかわいいイラストです♪


出典:Instagram

ちなみにこちらがanccoさん。モデル級のかわいいさですね!好きになってしまいそうです。

★様々な雑誌のイラストを手がける

挿絵はもちろんロゴデザインも担当するanccoさん。イラストだけでなく女の子の心を掴むキュートなデザイン性の高さにも注目されています!

出典:Twitter

菊池亜希子さんムック本「マッシュ」vol.6。

出典:Twitter

雑誌「SPUR」
4月号からはじまった「最果タヒ」さんの連載の挿絵を担当。

出典:Twitter

雑誌「MASSAGE MAGAZINE」
カセットテープコレクター「Dirty Dirt」さんの連載タイトルデザイン。

出典:Twitter

漫画雑誌「ハツキス」
少年アヤさんによるロマンチック・ア・サンデー連載。

出典:Twitter

池野詩織さん写真集「BUBBLE BLUE」。ロゴデザインを担当。

★グッズも一風変わったものばかり

出典:Twitter

オートモアイさんも参加した「EMCのTシャツ祭り」。
リコーダーなど懐かしい楽器を演奏する女の子たちは小学生でしょうか?

出典:Twitter

ひょこんと顔を出すイルカたち。えさやりかと思ったらマイクです。

出典:Twitter

ブリーフはパステルにかわいく仕上がっています。

出典:Twitter

両手に操られるバナナ?
こちらは人気アパレルショップ「BEAMS」で販売されました!

出典:Twitter

オリジナルTシャツはバスルームに倒れたチューリップ。
高円寺にある人気ショップ「ガイジン」にて販売しています♪


出典:Instagram

出典:Instagram

靴下やスウェットもこんなにかわいいんです♡

出典:Twitter

かわいいを追求した心くすぐるイラスト。anccoさんをもっと詳しく知りたい方は是非tumblrをご覧ください♪
zncco/tumblr >

魅惑的な世界観・オートモアイさん、anccoさん

いかがでしたか?線1本で描かれるキュートでアンニュイなイラストにあなたも魅了されたのでは??
WEBショップではあまり販売されていないようなので、展示会情報などはTwitterを要チェックしましょう!

Related この記事に関するインフルエンサー

Writer この記事を書いた人

misato

古着と音楽がすきです

輝くあの人を応援するメディア