本気のアイドルプロデュースで話題!森あんなさんインタビュー

女性アイドルユニットをプロデュースすることで、現在話題になっている森あんなさん。過去にAKBとして活躍した実績もあることから、一体どんなアイドルがデビューするのか、注目が集まっているんです。そんな彼女が写真加工アプリ「PicoSweet」もプロデュースしちゃいました!

森あんなさんって?


クラウドファンディングで写真集「ANNA」をリリースしたことで話題を集めた森あんなさん。
2009年から2011年まではAKBとしても活動をされていました。
一時期の休養を経て、2013年から活動を再会。現在は、イベント出演、web番組への主演のほかアイドルのプロデュースも行っているんです!

●ポジティブツイートに励まされます!

●弟さんともとっても仲良し!?

アイドルにかける思い、今後の目標――森あんなさんインタビュー

――8月24日に「look book party vol.3」が開催されましたが、出演された感想を教えてください。

出典:Twitter

2016年1月にラウンチしたvol.1から、3回連続で出演させていただいているのですが、毎回違う色が出ているイベントだと思います。衣装も、カジュアルファッションから、デザイナーコラボのハイブランドまでバリエーションがあるし、出演するアイドルもグループからソロの方まで、毎回違う。
そして、それ以上に何かが毎回変化し、何が起こるかわからないバージョン・アップするイベントになってきてます。アイドルとアーティストの普段はありえない組み合わせのライブ・パーティー。今後も楽しみですし、ぜひ目を離さないでいてほしい。何か起きそうな予感がするイベントです。次回は10月開催に向けて、準備中です。

――本イベントには1回目から出演されていますが、1回目と今回では変化やご自身の成長など、何か感じることはありましたか?
舞台や出演者数もどんどん大きくなり、メインアクト的な立場でもあるので、ステージに立つ前は、緊張はしてしまいますね(笑)。
ただ、このイベントテーマとして、毎回歌わせていただいている「My fashion your fashion」は、どんどんアレンジも加わって、自分の曲じゃないのに自分のレパートリーのようにひとつの組曲的な作品になりつつあります。
そして、渋谷を中心に開催するこのイベント限定の「森あんな」ファンも誕生しました!

――「look book party」はファッションと音楽が融合したイベントですが、森さんご自身はファッションへどのようなこだわりをお持ちですか?
今まで普段着としての、ファッションにはそれほど興味がなくて。
周りの方に不快感を与えない服装を「普通にシンプルに着られれば良い」と思っていたのですが、大学を卒業してからは、少しずつTPOに応じた洋服を選ぶようになりました。
お仕事以外では、着飾って出かけるようなところで「基本」遊んだりしないのですが(笑)。ほんの時たま、晴れやかな場所に遊びに行く時は、22歳の自分らしさがでる等身大の服装が多いかな?
そして、お仕事関係で初めてお会いする方がいたり、インタビューや対談など、落ち着いたお仕事の時はシックめな装いをするように心がけるようになりました。こだわりではないのかもしれませんが、ちょっとだけ気にするようになりました。


出典:Instagram

▲イベントではこんなに大人っぽい服を着ることも!

――普段愛用されているブランドや、最近注目のブランドなどありましたら教えてください。
お仕事でご一緒させていただいているHeather、そしてdazzlinというブランドのお洋服を中心に新作などをチェックしています。
ブランドのジャンルも特にこれが好きとかのこだわりは、それほどない方だと思います。ショップで手にとって「これがいいな」と直感的に思ったら、それを購入しています。

――森さんご自身がプロデューサーとなって、アイドルプロデュースもされていますが、森さんにとってアイドルとは?
私にとってアイドルとは「人生をかけて皆さんと走り抜ける青春」です。
女の子にとって人生で一番楽しくて、恋もしたくて、友達と遊んだり、お洒落したり、写真を撮ったり、とにかく何でもたくさんしたい時期が十代ですよね?
もしもアイドルになって、しかもその頂点を目指すなら、その「全て」を捨ててアイドルだけをしなければいけないと、私は本当に思っています。
それは、自分の経験から実感すること。だけどきっとアイドルになりたい子は、他の楽しいことを捨ててでもアイドルがしたくて、それがむしろ青春そのものになる。ファンの方々と、一緒に泣いたり、笑ったり、喜んだり、悲しんだり、普通の女の子では経験できない、たくさんのことを共有できるのがアイドルなんです。

――アイドルのプロデューサー業を行うきっかけや、目標、ビジョンなどを教えてください。
2015年春にグリーンファンディング、TSUTAYAとのコラボでファースト写真集を出版して、イベントを開催した後、自分で「これをやりたい」という強い気持ちがなくなってしまった期間があって。
夏から秋にかけて、次のテーマを模索していました。
そして、最初は本当に軽い気持ちだったんですが、周囲の方とディスカッションするうちに、アイドル・プロデュースをするという決意が固まってきました。
目標、ビジョンは、十代の私が、実際に体験したきたことをさらに超越するようなアイドル・グループをメンバーと一緒につくりあげること。今度はスタッフサイドに廻り、メンバーを武道館に立たせてあげたい。入場口で受付もやります!もしかすると私も1曲くらいは、歌わせていただくかも、、。これ言っちゃっても、大丈夫ですか?(笑)


▲6月、自らアイドルをプロデュースすることが発表されました。

――芸能活動を始める前と現在で、環境やご自身のことなどで一番大きく変わったことはどんなことですか?
周りからの視線を、良い意味で意識するようになりました。
「芸能人としての私」は、「個人としての私」だけの人生ではない。どこで、どんな方が見ているか分からないから、自分の行動や言動を、常に恥ずかしくないように自然に意識するようになりましたね。
とはいえ、それも長年の経験で慣れ、身についてしまったので、気を張って生活しているわけではありませんよ(笑)。
気軽に書いているように見えるかもですが、TwitterやInstagramなど、SNSでの言葉のひとつひとつに、実はすごく気を使っています。特にTwitterとかは、下書き部分にネタ帳のように溜まっていき、お蔵入りになることも多いんです。

――芸能活動をしているときに一番楽しいのはどんなときですか?
もちろんステージに立ってファンの皆さんと時間を共有できる瞬間が、最高に楽しい!、、のですが、本当の本当の一番は、音楽でも、文章でも、映像でも、私が何かを表現して発信した時に、見守ってくれていて、応援の言葉をかけてくれる人がいる事を実感できたときなんです。
楽しいというより、嬉しいことなのかもしれませんが。日本のどこかで、誰かが、そっと、いつも「森あんな」の味方でいてくれている。
それって素敵なことで。いつも会うことはできないけれど、私には、たくさんの心強い味方がいる、それを感じる時。
SNSを通じて、励ましのコメントをいただいたり、インストアのイベントに来ていただいたり、、。そして、大きな舞台に立つ時。私の目の前に、たくさんの味方がいてくれるということが、直接、自分の眼と耳と肌で感じられる!その瞬間が最高です。

――2011年まではAKBとしても活動された森さんですが、自分の売りどころ(アピールポイント)はどうやって見つけていきましたか?
私のAKB48時代のトレードマークといえば、「あんなちゃんスマイル」だと思うのですが。(笑)
これが生まれたのも、AKB48の初お披露目のステージの自己紹介で、私が最初に自己紹介する立ち位置だったんです。
トップバッター。
それでほんとに緊張しすぎて何を言っていいのかわからず、急に出てきた言葉が「あんなちゃんスマイルで今日も頑張ります…!」。そこから私は笑顔が苦手なのに「笑顔キャラ」という。
ファンの方もそれを理解しつつも、「森あんな」の笑顔が好きって言ってくれるようになりました。笑った時にしわが出来るのが特徴みたいです。これアピールポイントになりますかね。(笑)

――いま一番ハマっていることについてお教えください。
家の中で、猫と遊ぶこと。そして、猫の写真を撮ること。インスタグラムも始めてみたんですが、自撮り写真は、おろそかにして、猫の写真が満載状態です。

▻► いないなぁ…どこ行ったん…と思ってたら棚のタオルの間にいた…😥

森 あんなさん(@_morianna)が投稿した写真 –

いよいよカメラのホコリについて真剣に考え出す。。

森 あんなさん(@_morianna)が投稿した動画 –

――仕事は関係なく、プライベートで挑戦してみたいことはどのようなことですか?
この前のお休みにラフティングに初挑戦しました! とても楽しかったです。
次はずっとやってみたかったバナナボートに乗りたいです!

――今後の目標(どんなことに挑戦したい?)
まずは、いま準備しているアイドルプロデュースをしっかりとやっていきます。「森あんな」はいま何やってるんだろう?と思わせず、AKB48でアイドルをしていた「森あんな」が、今度はアイドルグループをつくること。今、それを頑張ってやっているんだ、と周囲を(家族はもちろん、ファンの方にも)不安にさせないようにしたいです。
そして、プロデューサーとして初めての挑戦をたくさんして話題の尽きない面白い存在でいたいです。

森あんなさんが「PicoSweet」のテンプレートをプロデュース

ご自身の活動に、アイドルプロデュースにと精力的に活動をこなす森あんなさん。
写真加工アプリ「PicoSweet」で写真加工のテンプレート素材をプロデュースすることが発表されました。

コーディネートや、記念日などさまざまな用途に使えるテンプレートを作っていただきました♪

森さんのお写真も堪能できちゃうPicoSweetのダウンロードはこちらから!

かわいい写真加工!Pico Sweet (ピコ・スイート)

無 料

アプリをダウンロード >

●写真加工アプリ「Pico Sweet」
460万以上ダウンロードされている写真加工アプリ「Pico Sweet」(iOS、Android対応)は、かんたん操作でかわいい画像を作れるんです!
スタンプやテンプレートは随時更新、無料で可愛いスタンプは2,000種類以上収録しています。
テンプレートを使えば、デコが苦手な方でも、ワンタッチで写真をオシャレに大変身できますよ☆
テンプレートにスタンプを追加したり、消したりとカスタマイズもOK!

Related この記事に関するインフルエンサー

Writer この記事を書いた人

ストロボ 編集部

輝くあの人を応援するメディア「STROBO(ストロボ)」編集部です

輝くあの人を応援するメディア