JURIさんがアパレルを目指したきっかけは?憧れの人も聞いちゃいました

大分県出身、ダイエットを中心とした美容記事と、おしゃれファッションツイートが大人気のJURIさん。
Twitterで、気さくにコメントを返してくれたりする姿勢もファンの方にアツい支持を受けています!
大分在住のJURIさんですが、今回なんとお仕事で東京に来ているということで、インタビューの機会をいただきました♪ おしゃれや美容に関することはもちろん、今後の目標などについても聞いちゃいました☆

JURIさんのことをおさらい!


出典:Instagram

大分県在住、アパレルブランド「Heather」のショップ店員として働いていたJURIさん。
9月17日のツイートで、辞めることを発表されました。なんと2年半も勤務されていたのだそう。
次はどんな場所で活躍されるのか楽しみですよね!

JURIさんのことをまだ知らない! という方は下記の記事を読んでみてくださいね♪


そして、そして……!
JURIさんを語る上では絶対に外せないのが仲良し3人組・じゅりこにゃん。


アパレルを目指したきっかけから、憧れの人まで――JURIさんインタビュー

――アパレル業界を目指したきっかけを教えてください。
もともとメイクに興味があったので、美容学校に行きたかったんです。でも、お金もかかるから大変だということを知り、じゃあ髪もメイクも自由に出来る職業って何があるんだろうと考えました。
それで、アパレルだったら自分が好きなように出来るなと思って目指しました。

――それは、いくつくらいのときですか?
高校を卒業してすぐですね。

――その頃から洋服も好きだったということなんでしょうか?
洋服も好きでした。おしゃれをしたいと思っていたので。

――当時はどういった系統の服がが好きだったんですか?
当時は甘い感じがすごく好きで。かわいいスカートとか、ふりふりした服が好きだったんですが、いまはその頃とは逆でパンツしかはかなくて。
スキニーやワイドパンツなど、はやりに敏感になりました。
Heatherは甘くてかわいいテイストなのですが、仕事を始めたらほかのブランドも見るようになり、「あそこのものも可愛いな」「あれを着たらしっくり来るかも」というのが色々あり、いまは探検中です。色々着るのが楽しいです。

――いまの私服にはどのようなこだわりがありますか?
ほとんどパンツですね。カジュアルなかっこうが好きです。可愛いというより、カジュアルで楽ちんな感じ。
下はほとんどデニムがとにかく好きで、ワイドパンツやジージャンも持っています。同じようなものもつい買っちゃうんですよね。


出典:Instagram

――メイクはどのようなこだわりがありますか?
Heatherはミーハー女子というか、はやりに乗っかる女の子という感じなので、店頭ではいち早く流行りを取り入れられるように頑張っています。秋メイクや秋カラーを調べて、載っている物を買ってみたり。
あとは、雑誌を読んでいて、今年はこの色が良いんだっていうシャドウやリップを買ったりしていますね。
とくに「これ!」っていう決まったものはなくて、はやりに乗ったものをその時期にしている感じですね。

――メイクの研究はどのような感じでされているんですか?
いつの間にか……という感じです。自分流過ぎて、基礎からやらなきゃとは思うのですが。気分でいろいろと変えたりしているので、メイクにそんなにこだわりはないですね。
アイラインも「今日はちょっと薄めがいい」という日は、アイライナーではなくて、ペンシルでふんわり描いてシャドウを薄めにしたり、ちょっとカッコいい感じにしたかったらを目を囲って跳ね上げラインにして、シャドウも濃い目にするなど、服の雰囲気で決めますね。

――雑誌はどんなものを読んでいるんですか?
ViViとかarを毎月読んでいます。雑誌で見ていいなと思ったら買う、みたいな感じですね。

――いまの髪の色はかなり明るいですよね。何をきっかけにこの色にされたんですか?
ずっと白っぽいベージュにしたかったんですが、いつも担当してもらっている方に「これ以上ブリーチしたら髪が傷むよ」と言われていて……。それでも頑張って押し切って、やっとこの色にできました。

――ファッションやメイクで参考にしている人は?
とくに“この人”というのはいないのですが、「WEAR」や「Instagram」とかで自分が好きな系統でおしゃれな人がいたらフォローをして参考にしています。
テレビを見ていて思ったのは、ローラさんが「GU」などのプチプラアイテムを使ってコーデをしていて、ハイブランドじゃないものも取り入れていて凄いなと思いました。すごく勉強されていて、自分がまだまだなので尊敬します。

――ローラさん以外には誰のInstagramをフォローしていたりする?
自分が好きだなと思うのはハーフのモデルさんばっかりですね。顔立ちもですし、メイクもおしゃれですよね。
emmaちゃんとか、玉城ティナちゃんとか、池田エライザちゃんとか、年下なのにすごく魅力的で。

――ハーフの方ってシンプルなものをさらっと着ても様になりますよね。
そうなんです! 憧れていて、だからメイクや髪色もハーフっぽくしていますね。

――普段の私服でよく着ているブランドは?
仕事をしている気になってしまうので、私服では意外と「Heather」はあんまり着ないんですよ(笑)。
「mystic」「KASTANE」「NICECLAP」など、かわいいカジュアルみたいなところで最近よく買い物しましたね。かわいいとカジュアルの中間でちょうどいいなと思って。

――秋服で欲しいものやすでに買ったものはありますか?
めっちゃピンクのベロア素材のパンツを買いました。雑誌にも載っていてキてるらしくて、
かわいいし、欲しいと思っていたので。
あとは、オフショルがすごく好きで、いまだと七分丈くらいのものを買いました。オフショルはワイドパンツにインして、スニーカーと合わせるのが好き。
上はかわいいけど、下はカジュアルみたいなちょうどいいバランスが好きです。

――一度は会ってみたい憧れの人は?
いっぱいいすぎて……。誰に会ってみたいだろう……。ローラちゃんとか、すごく尊敬しています。
キャラはふわっとしているのに、撮影のときのオンオフがすごいし、モデルの仕事を真剣にやっていて、自分なりのこだわりがすごくあるんですよね。
どういう風に気持を切り替えているのか、どいういう風にポージングが浮かぶのかとか聞いてみたいですね。

――東京に来る機会も多いと思うんですが、携帯や財布以外いつも必ず持ち歩いているものは?
メディキュットはいつも持っています。あれすごいです、本当に!
お酒を飲んだ次の日に、足がパンパンになっていた日があって「太ったんかな〜」と思ったんですよ。
でもたまたまメディキュットを持っていたので、ちゃんと履いて寝ようと思って実践したら、翌日本当に細くなっていて、鏡の前に立ってすごくびっくりしました(笑)。
それから撮影の日はとくにですが、每日持ち歩いています。
あとはボディクリームは持っていますね。仕事柄足が疲れるので、マッサージをして寝るんです。使っているのはニベアの青のクリームで、もちもち、さらさらになります。

――普段オフの日はどんなことをして過ごされていますか?
オフの日は誰かと遊ぶようにしています。ご飯や買い物に行ったり、予定は何か必ず入れますね。友だちといることが多いかもしれません。
ただ、なるべく予定を入れるようにはしているんですが、何もせず寝ていることも多いです。1日中寝ていて夜起きるみたいなことも……。

――今年の夏までの出来事で一番思い出に残っていることは?
この前、家族で沖縄に行けたのが楽しかったです。小さいころに行ったことはあったんですが、その頃の記憶しかなかったのでもう一度行ってみたいと思っていて。海も綺麗でした。


出典:Instagram

出典:Instagram

――今後、仕事として挑戦してみたいことはどんなこと?
まだアパレル以外の仕事に全然慣れていなくて、今から出来ることを真剣にやっていきたいなと思っています。あとは、やっぱりモデルになることは憧れですね。

――プライベートでやってみたいこと、行ってみたいところはありますか?
海外旅行に行きたいです。いままで、韓国とシンガポールは行ったことあるので、アメリカとかヨーロッパに行ってみたいです。建物もすごいのでいろいろ直接見てみたいですね。

――ありがとうございました!

アイキャッチ出典:Instagram

Related この記事に関するインフルエンサー

Writer この記事を書いた人

ストロボ 編集部

輝くあの人を応援するメディア「STROBO(ストロボ)」編集部です

輝くあの人を応援するメディア