斉藤和義などのMVを手掛ける新進気鋭なイラストレーター・オオクボリュウ

イラストレーター、映像作家のオオクボリュウさん!PSGや斉藤和義などのMVや、雑誌「BRUTUS」の挿絵、東京メトロの広告などさまざまなシーンで注目されている新進気鋭なアーティストです♪発表される作品は毎回最高にカッコよく、クオリティの高いポップで癖になるアートワークが見ている人をワクワクさせてくれます♡

新進気鋭なアーティスト・オオクボリュウとは

出典:Twitter

イラストレーター、映像作家のオオクボリュウさん。多摩美術大学出身で、幼少期をアメリカ・ルイジアナ州で過ごしたそうです。

PSGや斉藤和義などのMVや雑誌「BRUTUS」「POPEYE」の挿絵、細野晴臣の著書、東京メトロの広告など手掛けており、バンド「カタコト」のメンバーでもある新進気鋭なアーティストです!

出典:Twitter

こちらは雑誌「BRUTUS」の表紙イラスト。

東京メトロのCMは見たことある方も多いのではないでしょうか?

出典:Twitter

ポップな色使いと不思議なキャラクター、落書きのような力の抜けた線画が特徴的です。


出典:Instagram

出典:Twitter

出典:Twitter

出典:Twitter

ドラゴンがお好きなようでTwitterやInstagramのIDは「dddddragon」!
イラストにもドラゴンがよく登場しています♪

I recommend these awesome dogs. #instagramでおすすめの犬 ???

RYU OKUBO | オオクボリュウさん(@dddddragon)が投稿した写真 – 2016 4月 17 2:24午前 PDT

ちなみにわんちゃんもお好きなようです♡

出典:Twitter

2016年4月に行われた個展「アイフォン割れた」では、アイフォンを落として割ってしまう動画の一コマ一コマを展示し話題に。
そのアニメーションがこちらです!

My exhibition has just started. Enjoy!?

RYU OKUBO | オオクボリュウさん(@dddddragon)が投稿した動画 – 2016 4月 7 8:06午後 PDT

ペインティング、テキスタイル、立体作品などさまざまな作品100点を使って作られたアニメーションは見ている私たちを楽しませてくれます♡

出典:Twitter

展示会の作品集も発売されているので是非チェックしてみてください!

store by Okubo Ryu >

永遠に見ていたい!オオクボリュウのアニメーション

オオクボリュウさんのアニメーションはそのクオリティの高さに圧倒させられます。見ているだけでお腹いっぱいになる最高にカッコよくてキュートな世界観は一度見たら虜に……♡

【カントリーマアムの歌】 七尾旅人

【カーラジオ】 斉藤和義

【9】 group_inou

【寝れない!!!】 PSG

【Ghana】 D.A.N

イラストだけでなくグラフィックのアニメーションも最高にかっこいい!!

【Alluptoyou】 Mndsgn

こちらは2016年10月に公開されたばかりの今回ご紹介した中で最も最新のアニメーションです。カラースプレーだけを用いて作られた現像的でドリーミーな世界観に早くも注目が集まっています!

これからも作り続けて欲しいです!

是非チェックして欲しい展示会やグッズたち♪

出典:Twitter

学芸大学駅にある「sunny boy books」で行われた展示会。2016年のカレンダーのために描いた作品12点が展示されました♪
このカレンダー、かわいすぎます。

出典:Twitter

出典:Twitter

月のヘッダー部分にもかわいいイラストがぎっしり!!細部までこだわり抜いてデザインされたものって欲しくなっちゃいますよね!

そして今年も2017年カレンダーが発売さます♡

デザインは「加瀬透」さんが担当。これは是非とも欲しい!!

出典:Twitter

同じく「sunny boy books」の3周年記念イベント『Sun.Sun.Sunny』では3枚の絵とワッペンや缶バッジなどが飾られました。

出典:Twitter

出典:Twitter

缶バッジに自由にイラストを描いてもらえる「缶バッジ屋さん」♡新宿ルミネで行われました。

出典:Twitter

出典:Twitter

毎週土曜、朝7時からEテレで放送される「デザインあ」ではオオクボリュウさんのアニメーションが見れます♪

シティボーイ感たっぷりのグッズもかわいい♡

オオクボリュウさんのホームページはこちら
オンラインストアも是非チェックしてみてくださいね♪

Related この記事に関するインフルエンサー

Writer この記事を書いた人

misato

古着と音楽がすきです

輝くあの人を応援するメディア