自然派モデル・kazumiから学ぶ「美のしくみ」

WEARのフォロワー数はなんと50万人を突破したという、いま大注目のkazumiさん!注目されているのはファッションだけでなく食生活や旅行の様子などライフスタイル全体♡インスタグラムを見るだけでなんだかホッとするようなkazumiさんの生活をのぞいてみましょう♪

kazumiさん流ナチュラルファッションのすすめ

出典:Instagram

出典:Instagram

kazumiさんはGunn’sに所属するモデルさん。
リンネルやMORE、天然生活、ananなどさまざまな雑誌で活躍されている超人気者!

出典:Instagram

165cmと長身ですらっとした立ち姿はとてもスタイリッシュ♪
ロングコートがとても似合います。

インスタグラムやWEARでは日々のコーディネートを更新中。
その人気からフォロワーはなんと50万人以上!

出典:Instagram

ナチュラルなファッションが中心で大人かわいいスタイル♡
どの年代でも参考にできる自然派シンプルコーデです。

出典:Instagram

やんちゃコーデにプリーツスカートとエレガントなMA-1で大人かわいいを演出。
裏地のオレンジをアクセントに☆

出典:Instagram

大人ピンクのロングコートがとってもキュート♡
黒で全体を締めることでかわいすぎないコーディネートに。

出典:Instagram

紺と黄色の最強コンビネーション。
ブラウスのチラ見せがワンポイントです♡

出典:Instagram

ナチュラルなダークカラーでゆったりシルエットコーデ。
帽子で華やかさも忘れずに♪

出典:Instagram

もこもこヘアバンドでかわいらしく♡
フリンジのニットと色を合わせて大人っぽさも忘れません。

出典:Instagram

リバティー柄のワンピース。
これ一枚でばっちりキマる!最強アイテムです。

出典:Instagram

白黒のシンプルコーディネート。
トップスの繊細な柄にインパクトがあり普通すぎない印象に。

ごはんが美をつくる

美を保つためにはごはんが大事!
ナチュラル美人なkazumiさんの食生活はまるでお手本のよう♪

朝と夜は手作りのごはんで体調管理をしているのだとか。

和食を中心にバランスの良い献立で健康的な食生活を。
しっかり食べることも美をつくるために大切なこと!

出典:Instagram

ピクニック弁当もお手の物!
曲げわっぱに詰めるのもこれまた一興です。

2週間に1度の常備菜づくりをルーティンに。
健康的なごはんで美しさに磨きがかかりますね♪

出典:Instagram

出典:Instagram

お正月のおせちやお雑煮は彩り豊か☆

バレンタインには自作のレアチーズケーキを♡

出典:Instagram

各地で買ったお菓子もインスタグラムにアップされています。
食事をおしゃれに楽しむのも大切なこと♪

出典:Instagram

出典:Instagram

写真もおしゃれで、見ていてほっこりします♡

旅先でのおしゃれも欠かせない!

旅好きのkazumiさん。地方での撮影も多く、そのたび撮影の様子や風景そしてファッションをインスタグラムに載せてくれます。

出典:Instagram

家族旅行で訪れた金沢。
金沢の風景と自然派ファッションが馴染んでなんともおしゃれな雰囲気に。

出典:Instagram

伊勢神宮での一枚。
おちゃめなところも大人なkazumiさんの魅力。

出典:Instagram

出典:Instagram

タイでは虎とのツーショットを!
プーケットタウンのレトロな街並みに合ったファッションも魅力的。

出典:Instagram

撮影で訪れた沖縄では真っ赤なワンピースで絵になる一枚を。

出典:Instagram

ふらっと近場の戸越銀座へ。
カラシ色とボーダーの相性は抜群ですね。

出典:Instagram

愛媛では色使いが特徴的なスカートを主役に控えめカラフルコーデ。
派手すぎず地味すぎず、これぞまさにおしゃれさん!

もちろん旅先での美味しいものも必須です☆

楽しそうに旅先を巡っている様子に
見ている私たちも思わず笑顔になってしまいますね♪

出典:Instagram

出典:Instagram

旅雑誌「ことりっぷMagazine」の表紙を飾ることも

いかがでしたか?

食生活や旅行の様子を見ていると、体の中から健康であることが輝きに繋がっているのだと気付かされます。内側が美しいからこそ、外見の魅力が引き立つのでしょう。皆さんもkazumiさんのライフスタイルを参考に、体の中からキレイになってみませんか?

アイキャッチ出典:Instagram

Related この記事に関するインフルエンサー

Writer この記事を書いた人

kuri

甘いものは好きだけど苦手。

輝くあの人を応援するメディア