まるでシンデレラストーリー!RIM.ARKを手がける中村真里とは

ファッションブランド「RIM.ARK(リム・アーク)」のディレクター兼デザイナーとして活躍している中村真里さん。もともとは美容師だった彼女がブランドを設立したきっかけとは? さらに中村さんご本人の「RIM.ARK」コーデを大調査していきます!!

中村真里さんって一体何者??

もともと美容師として地元・福岡のヘアサロンで働いていたという経歴を持っている中村さん。
23歳までヘアサロンで活躍していましたが、「ファッションで仕事をしたい」という思いから、シェルター博多店でショップスタッフとして働き始めました。

その後すぐに上京。
ザ・シェルター トーキョー表参道原宿店のショップスタッフとなります。

そこで出会ったのが、「BAROQUE JAPAN LIMITEDスター発掘コンテスト」。

バロックジャパンリミテッドの全国スタッフの中から選抜されたメンバーから、未来の人材を発掘するこのコンテスト。
ファッションやメイク・ヘアアレンジに関する動画をYouTubeチャンネル「BAROQUE CHANNEL(バロックチャンネル)」にアップすることで、その再生数などを競います。

実際に彼女がアップしていた動画の一部がこちら!

中村さんは視聴者目線に立ったファッションやメイクに関する動画で人気をあつめ、上京1年目にして見事初代グランプリに選ばれました!!!
優勝者には「夢を一つ叶える」権利が、、、

「RIM.ARK」は中村さんの「自身のブランドを立ち上げたい」という夢のもとに生まれたブランドなのです。

なんて夢のあるブランドなんでしょう、、、!まるでシンデレラストーリー!!

中村真里の思いが詰まったブランド「RIM.ARK」とは?


2016年SSコレクションから始まったRIM.ARK。

RELAXINDUSTRIALMODEの頭文字と箱という意味を持つARKという言葉からなるブランド名には、3つの世界観が詰まった空間という意味があるのだそう。

ブランドコンセプトは、「NORM MODE」。
無駄なものを削ぎ落としたNORM COREなスタイルでRELAXさを表現する一方、デザインやカラー・スタイリングでMODEを取り入れるという、新しいMIXスタイルを提供してくれます。

しっかりとした芯を保ち続け

決して華やかではないけれど 本質的な自分を引き出し、

凛とした強さを持った確立した女性がブランドイメージ。

無駄なものが削ぎ落とされたSIMPLE&BASICに

時代のファッショントレンドをRIM.ARKらしく取り入れ

上質感と知性を感じさせるミニマルシックなファッションを提案

引用:RIM.ARK OFFICIAL WEBSITE

SNSでは、ブランド設立に向けて一つ一つ思いを込めて前へ進んでいく中村さんの姿が見られました。

_ my work…✏︎ 2016ssが楽しみ! #BLOG更新してます #トップから飛べます

MARI.NAKAMURAさん(@_marinakamura_)がシェアした投稿 –

_ 2016 spring/summer LOOK BOOK shooting✔︎ @tiveshaguri special thanks!!♡ ずっとワクワクが止まらなかった! #RIMARK

MARI.NAKAMURAさん(@_marinakamura_)がシェアした投稿 –


もと美容師さんとしてコーデだけでなくヘアのスタイリングも担当する中村さん。仕事が繋がっていく感じがとてもかっこいい、、、!


2016年SSからついに始動した注目のファッションブランド「RIM.ARK」が、今後どのようなスタイルを提案してくれるのか楽しみです!!

中村真里のRIM.ARKコーデはこれだ!!

そんなRIM.ARKを手がける中村さんご本人のコーディネートについて、調べてみました。
ブランドの魅力を誰よりも熟知している彼女のRIM.ARKコーデがこちらです!

出典:WEAR

一枚で立体感のあるワンピース。グリーンのベルトが印象的です。


結婚式コーデはシックで大人らしいセットアップ!

出典:WEAR

可愛らしくなりがちなジャンプスカートもRIM.ARKなら大人っぽくてカッコ良い!!

出典:WEAR

綺麗めスタイルはお出かけでもオフィスでも◎

出典:WEAR

カジュアルながらも女性らしいスタイルも素敵です♪

いかがでしたか?

自らの夢を実現するために上京し、わずか1年で新しいブランドを立ち上げた中村真里さん。
そんな彼女の努力と夢、そして強い思いが詰まったブランド「RIM.ARK」の今後の活躍から目が離せませんね!

ファッションブランド「RIM.ARK」の公式ウェブサイトはこちらからご覧ください。

Related この記事に関するインフルエンサー

Writer この記事を書いた人

haru

趣味は映画鑑賞。好きな映画は「ロシュフォールの恋人たち」。

輝くあの人を応援するメディア