DLgAYrcVAAENn5S

【立教ミスター座談会】イケメン男子をオトす?モテ女の条件♡

11/3〜5に開催される立教大学の学園祭『St.Paul’s Festival 2017』。その中でも目玉となるイベント、ミス・ミスター立教コンテストは11/4に行われます。そんな今、注目の的となっているミスター立教候補者たちとSTROBOの座談会が実現!これは絶好のチャンス…!イケメンぞろいの候補者たちに女子が聞きたいことを聞いてみました♡モテたい女子、好きな人に振り向いてほしい女子は必見です!

今回は対談記事ということで、候補者の方々をもっとよく知りたい!という読者のみなさんは是非、webサイトをご覧ください。
ミスター立教コンテスト2017 >

外見はモテの必須条件??

出典:Twitter

— 本日は集まって頂き本当にありがとうございます!

一同:よろしくお願いします〜。

— さっそくですが、外見はモテる条件になるのか、について伺いたいのですが…

鈴木:必須でしょ
一同:必須なの?
鈴木:いや、ここでの裏切りは無いでしょ(笑)結局、やってることが外見に出るから。
和田:あ〜確かに。俺が思うのは「外見は内面の外側」ってこと。でも必須条件ではないかな。
清家:でも恋愛対象には入らないってレベルはあるじゃない?
河村基準はあるよね
和田:加減でしょ?
清家:太ってるとか俺はちょっとしんどいけど。
和田:気を遣ってないと、男と大差ないと言うか。それだとちょっと惹かれない。

久保田:必須ではないよ。雰囲気が可愛くて気配りができる人がモテるよ。あざといとモテない。
一同:それはあるね。
和田:これ、自分の中で、ちょっとかわいい人って言う前提で話しちゃってるかも(笑)
野村:基準以上になってくると、そんな大事じゃないけど、その基準に達するまでは大事かな。
和田:でも別に、その基準ってそんな高くないと思うよ。そう考えると、ほとんどの人は基準を満たしてるから「外見は必須じゃない」って言えるかもね。
清家:外見以外に何があると思う?
和田:やっぱり雰囲気とか。
清家:ボディタッチとか?
和田:ボディタッチはあんま好きじゃないんだよね(笑)

— 雰囲気?ボディタッチ?外見以外にモテる鍵となるのはどんなことなのでしょうか…。この疑問を解消するため、インターネットに掲載されている「モテる女の条件」について検証していきましょう!

 【条件その1】 「褒め上手なひと」はモテる!?

IMG_4474
写真:久保田真旺さん

久保田:いや、モテるでしょ。俺、褒められて伸びるタイプ。
鈴木:うん、うん。
和田:褒めるひとってそもそも人のことちゃんと見れるひとだから、気配りとかも絶対できるだろうし。「褒め上手」ってことは的確な褒め方するってことでしょ。
清家:たしかに。
和田:たとえば、じゅんじゅん(清家さん)にさ「身長高いね」って褒めてもさ、それは褒め上手じゃないじゃん。
清家:おい(笑)
和田:だから、ちゃんと観察してさ。褒めてくれると良いよね。

—  個人的にどういうところ褒めてもらえると嬉しいですか?

野村頑張ってることとか、努力しているところ。高校時代なら部活とかかな。
久保田:俺もスポーツやってるからそういうところとか。やっぱり、外見褒められると嬉しいし、内面も「意外としゃべったらおもしろいね」とか言われたら嬉しいね。
和田:「おしゃれ」とかは?
久保田:あ〜嬉しい。自分が気を遣っているところを褒められたら嬉しい。
河村:分かる!俺、ダイエットしたから、痩せたねって言われるとすごい嬉しい。モチベーションも上がるし。
和田:自分のコンプレックスを「そんなことないよ」って言われるより、自分の長所を褒めてくれた方が嬉しいよね。

—  見え透いた褒め言葉に敏感になったりしませんか?

河村:わりと単純だから嬉しくなっちゃう。
鈴木:褒められたら嬉しい。
清家:俺は結構分かる。みんなに言ってるんだろうなって。おモテになる女子なんだろうなって。
河村:ひねくれてるね。
和田:同じことを他のひとに言ってるのを見たら嫌じゃない?
一同:それは嫌(笑)
和田:俺は最初にそう言う想像しちゃう。

— ということは、付き合いが長くなってきてから褒められると嬉しい?

和田:あ〜。
久保田:それ結構、ディープな褒め方だよね。
和田:それは性格とか習慣にしてることとか褒められたら嬉しい。

【条件その2】 隙がある女性がモテる?

IMG_4475
写真:鈴木志遠さん

鈴木:隙…?
久保田:抜けてるってことですか?
和田:快速が通過する駅みたいなタイプ?
一同:どう言うこと(笑)

野村:隙が無いと逆に興味そそられるけど。
清家:それを壊したくなるってこと?
一同:え〜
野村:言葉のチョイスが悪い(笑)
久保田:もっと知りたいって思うんでしょ。
野村:そう、それ。
久保田:分からんでもないっすね。隙がないって完璧すぎるひとってことじゃないですか?
河村:そういうことか。

和田:完璧すぎるよりはちょっと抜けたところがあった方が良いってことでしょ?
清家:一般的にはそうなんじゃない?仲良くなりやすいし。
和田:完璧すぎると高嶺の花って感じ。
河村:ゆとり無さそうだね、そのひと。
清家:でもさ、自分だけに隙をみせてほしい。
和田:あ〜、完璧だと思ってたひとが、二人きりになると隙を見せてくれるともう…コロッといっちゃうよね。絶対。
清家:自分にだけ甘えてくれるのは嬉しいな。

【条件その3】 「聞き上手」はモテる?

IMG_4478
写真:和田エンデルレ俊明さん

プライドが高い男性が、素を見せられる女性は「聞き上手」とのことで、「聞き上手はモテる」と言われていますが、これはどうでしょうか?

和田:僕自身もすごくプライドが高いと思うし、自分の趣味を共有したくなる。それを聞いてくれたりするのは、やっぱり嬉しい。承認欲求じゃないけど、そう言う感情が満たされるというか。
野村:同意。

— 聞き上手ってどういうことですかね。

清家:それも褒め上手と通ずるところがあるかな。
鈴木笑ってくれるのは良いよね。
一同:あ〜。
久保田:なんだろう。こっちが1しゃべったら10返ってくるとか?
一同:それって聞き上手じゃないでしょ(笑)
和田:話し上手じゃん(笑)
久保田:違う違う、自分の話を盛り上げるために、質問してくれるとか。
河村質問で返してくれるって良いよね。
久保田:関心持ってくれてるんだなって思う。
清家:俺、しゃべるの面倒だから、めっちゃしゃべってくれるひとが良い。カロリーあんまり使いたくない。
和田:人によるってことですね(笑)

IMG_4479
写真:野村亮介さん

— 見ているかぎり、野村さんはあまりしゃべる方ではなさそうですが…

野村:しゃべる方ではないですけど。でもまぁ、自分が相談したいって思うひとって基本、聞き上手なひとかなって。
一同:なるほど。
和田:まぁ、聞き上手って自分に興味持ってくれている人で、それって自分に対してある程度、好意がないとできないことだから。そう言う点では嬉しいよね。

【条件その4】 「ピュア」な女性は無敵?

久保田:好きですね。ピュアな方が良いな。
河村:ピュアと馬鹿は紙一重だよ(笑)
久保田:ピュアと素直って一緒?ピュアって恋愛に慣れてないって感じかな。

— インターネットに書いてある「素直な女性」の例では、「分からないときは分からないと言う」「意地を張らない」「甘えたいときは甘える」などがありますね。

一同:うわ〜好きだ〜!
野村:あ、でも意地っ張りなのも好き。
清家裏がないってことかな。
和田:意地っ張りでもそれが分かりやすいってことだよね。嫉妬したときは嫉妬したって素直にさ。

— 嫉妬されたいですか?

和田:嫉妬されたい。
河村:ある程度なら良いと思う。度を超えたのはちょっとね。

— 久保田さんは別のインタビューで、彼女とは良い距離を保ちたいとおっしゃっていましたが…

久保田:お互いに依存しすぎるのは嫌ですね。付き合って、彼氏彼女の存在が生活の多くを占めるのは嫌だってことです。
一同:同意見ですね。

— でも甘えたいときに甘えてくれるのは嬉しい?

久保田:それは良い。
和田:こっちのスケジュールを無理に変えようとしてくるんじゃなくて、断ったときに「遊びたかったな」って言ってくれた方が嬉しいって感じかな。

【条件その5】「ギャップのある女性」はモテる?

IMG_4476
写真:河村一誠さん

河村:これは良いでしょ。
和田:志遠がめっちゃうなずいてる(笑)
鈴木:いや、そんな経験がないからなんとも言えないんだけど…たとえば何?
和田:俺、具体例があるんだけど。
清家:恋愛の引き出し持ってるな〜。
一同:(笑)
和田:自分に優しくしてくれた女の子が、他の人には冷たいって分かったときは、ギャップで良いなって思った。
鈴木:そういうこと…?
久保田:表では部活の大会とかめっちゃ頑張ってるけど、寂しがり屋とか。
和田:プレッシャーに強くてストイックなんだけど、時々だらけてたり。
河村:スポーツ頑張ってるけど、私服かわいいとか。
一同:あ〜良い。
河村:遊ぶとき、めっちゃ女の子っぽい!とか。
和田:しかも日焼けしてるんだけど、それを恥ずかしがったりとかね。

— 妄想が止まりませんね(笑)

野村ギャップあると良いよ。壁がある子の方が気になるって話につながるけど、そう言う子はギャップのある一面を持ってるんじゃないかと思って、惹かれる。
和田:あぁ、隙がないから。
野村:なんかしらあるんじゃないかと思って。
久保田:攻略型だね。

— インターネットに掲載されているギャップの例としては「バリバリのキャリアウーマンなのに、家庭的な一面がある」などですが

清家:大学生だからあんまり実感湧かないな。
和田:でもスポーツの話とかぶらない?大会とか頑張ってる人が料理できたり、裁縫してたり…
河村:家に急に行ったらちょっと服が落ちてたりとか?
野村:むしろバリバリのキャリアウーマンで、ご飯とか作れない方がギャップな気がする。
清家:たしかに。
和田:なんでも出来るより出来ないことあった方がギャップだよね。
久保田:バリキャリで料理もできたら…
河村:それこそ完璧人間だ(笑)

— 他には「ギャルっぽいのに、お嬢様育ちでマナー完璧」なんてありますが…

久保田:俺、それイヤだな。
和田:第一印象大事だよね。そもそもギャルって言うのが結構…
鈴木:プラスお嬢様でも嫌だ。
和田:店員さんに丁寧に対応したり、食べ方が綺麗だったりはギャップとかじゃなくて、最初からそうあってほしいな。
清家:ギャルはギャルの方が需要があるんじゃない?

— インタビュー記事を見ていると、好みの服装は清楚系やキレイ系が多かったのですが。

鈴木:白シャツにジーパンが良いですね。

— 女性側からすると、自分に自信がないと難しい服装ですね。

和田:スタイルとかに自信がないとね。
清家:結構ハードル高い。

河村:僕はスキニーとか、ジーパンはいてると良いですね。

— スカートよりもパンツスタイルの方が良いんですか?

河村:どっちも良いですけど、どっちかというとそうですね。
和田:真旺はストリート系が好きなの?
久保田:俺はどっちかって言うと女子大生っぽい服装が好きじゃないから。最近はやってる肩が出る、なんて言うの…
和田:オフショル?
久保田:そうそう、それとかあんまり好きじゃない。

— オフショルはモテる服装のイメージがありましたが、実際どうなんですか?

一同:好き。
和田:ちょっとした露出は良いよね。
久保田:俺はダメです。好きじゃない。

— オフショルってちょっとした露出ですか?(笑)

和田:露骨かも知れないけど(笑)。まぁ良いよね。真旺は逆に、どう言うのが好きなの?
久保田:スニーカーはいてるとか。キャップとか。ボーイッシュ系?
一同:あ〜良い。
和田:キャップのさ、後ろでとめるところの隙間からポニーテール出すのめっちゃ良くない?

— あまり共感を得られていないようですが(笑)

和田:え、ポニテ良くない?
河村・久保田:ポニテは良いよ。
河村:あれじゃない?ポニテをつくる時のあの仕草が良くない?
和田:髪ゴムを口でくわえながらこうやってね。(実演しながら)そのまま話しかけられて「ん?」って振り向かれたら…
河村:わおっ(笑)

IMG_4477
写真:清家純一さん

— 髪の毛は長い方が良いんですか?

久保田:ショートはショートでまたかわいいし。
清家:俺は絶対、ロングが良いな。
野村:ショートかロングかが良い。中途半端はそんなに好きじゃない。

— ミディアムですか。結構多いと思うんですが…

野村:伸ばして欲しい
清家:ミディアムも似合うなって思う人はいるけど、ロングの方が良いんじゃない?って思っちゃう。
和田:やっぱり絶対的にどっちって言うのはなくて、似合えばそれで良いと思う。けど、ショートって似合う人が少ないから、そう言う意味ではロングが良いかな。

その後、女優・本田翼さんはショートが似合うかロングが似合うか論争勃発…

— やっぱり似合う髪型が良いってことですね。これは服装も同じですかね。

和田服装にもギャップほしいと思っちゃうな。例えばキレイ系の服をいつも着ている人が、アウトドアな遊びをするってなった時に、ちょっとボーイッシュな服を着てきたりとか。
野村:それTPOの問題じゃなくて?
清家:いつもはめっちゃキメてる女の子が、ジャージ着てるところとか好きだけど。
一同:あ〜。
和田:まず、部屋着を見てるシチュエーションが良くない?
清家:あの、合宿とかでさ。スウェット着たり。
河村:ダサいTシャツ着てるの良くない?
和田:やっぱりギャップだ(笑)

イケメンたちによる対談からの教訓まとめ!

ミスター立教候補者による座談会はいかがでしたか?イケメンたちから学べることがたくさんあったと思いますので、ここで一度まとめてみましょう!

【教訓その1】 顔面偏差値よりも、日頃の言動などがモテる鍵?
【教訓その2】「褒め上手」も「聞き上手」も相手を知る姿勢が大切!
【教訓その3】 服装もアプローチもギャップが重要?自分なりのギャップを見つけましょう!

これらをもとに、あなたもモテる女子を目指してみてはいかがでしょうか?

今回の企画では、ミス・ミスター立教それぞれにお話を聞いていますので、他の記事も是非チェックしてみてください。ためになる事が満載です!特にクリスマスまでに彼氏をつくりたい方は必見ですよ!!

Related この記事に関するインフルエンサー

Writer この記事を書いた人

kuri

甘いものは好きだけど苦手。

輝くあの人を応援するメディア